FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖シュリンプ万能餌!極餌恵棒

2010年10月13日
しばしブログは冬眠していましたが、商品内容の一層の内容充実研究は日々しております。
新商品の開発はもちろんですが、発売した商品のさらなるVerUP研究はブログ休眠中も><、しています。

おかげさまで発売して4年になる、極餌恵棒も更なる発展をしました。
極餌恵棒は発売当初のコンセプトは、打倒!ほうれん草で、さらに、とにかく食いつきの良いえびをメインの考えた餌でした。
開発してみたら、あれ?レッドビーだけでなくほかの種類のエビの食いつきもすこぶる良い餌ができましたw。

恵棒発売後、タイガーシュリンプ(ゴールデンアイ)やシャドー系の新しい系統のエビも発表されました。
こいつらは、嗜好性がとにかくえり好みが激しいエビ達です。
でも、恵棒ヘの食いつきはとにかく安定しています。極草も万能に近い嗜好性の安定感を持っています。

少し話はそれますが、お客様たちには、棒は砕ける餌、草はもちの良い餌、と認識されてるそうです。

エビはもちろん、貝も群がる万能餌ですw

でもVer1には、重大な問題点が・・・
カビ易いのでした>< これはもう大騒ぎです。すぐに対処を検討実地したのが、
極餌恵棒Ver2です。
new恵棒パッケージ

Ver1発売当時、恵棒と同系の餌は活性してる乳酸菌入りしかなく、恵棒はカビや劣化のしやすい原因の活性してる乳酸菌をは未使用なのに、時間とともに製品性質で湿気でかびが、他の固形餌より発生しやすかったのです。
その対策として、材料のより一層の品質管理と機密性の高い真空系パッキングで対応したところ、
従来のようなカビの発生を未開封状態では抑えることが出来ました。

開封されるとどうしても湿気やすい構造なので、開封後は封は閉じて、早めの使用をお願いいたします。

その後、タイガーBOXさんの依頼で、恵棒ベースのタイガーシュリンプの嗜好性に特にあわせた配合のファィバーステックを開発。
そのときは、生体が少なくてもいいように、従来の恵棒より細身の形状にしたところ、この形状が割りやすく、与えやすく、恵棒より硬くて使いやすいとのユーザー様からのご意見が大変多く、

さらに進化した、極餌恵棒Ver3が出来ました。
こちらがVer1~Ver2の恵棒
旧恵棒中身
こちらがVer3の恵棒
new恵棒中身

極餌恵棒Ver3は嗜好性の大変良いVer2のメイン配合を余りいじらず、硬さUpで使いやすい細いタイプに変更しました。
new恵棒パッケージ

更なる進化を遂げた 元祖シュリンプ万能餌「極餌恵棒」をよろしくお願いします。

PS・現在流通してる恵棒ボトルタイプも中は、極餌恵棒Ver3に変更完了しております。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いします^^
スポンサーサイト

元祖!?(だと思う)水色ネット使用!「極網・きわみあみ」

2010年01月09日
今回は、「極網・きわみあみ」のご紹介です。

極網Ver2
使いやすさとえびの捕獲しやすさを純粋に追求した網です。使用感、実用性は抜群との評判を頂いております。
網の色もえびが落ち着く色を選びました。水とおりも抜群のネットです。


ネット部分は、稚エビ捕獲時の縫い目への挟まり事故を少しでも軽減したく、型紙の形を一般的に市販されてる網とは
違う形状です。また、ミシンではネットを傷つけてしまう恐れもあり、「極網」はすべて手縫いで仕上げています。


「極網」は、「極白」と同じく、極シリーズの初ラインナップ商品の1つです。現在はVer3迄に進化しています。

「極網」は発売当時は、他社のシュリンプ選別ネットは、ネットの色が、緑色の物が主流で、他には白色、黒色しか販売されていませんでした。私の店舗でも某メーカーの緑色の選別ネットを販売しておりましたが、tk breeding placeのきむさんが自宅で使用してるという自作ネットを使用したところ、当時としては驚きの網でした。
シュリンプの反応が違うのです。白色、黒色、緑色の網と比べて、驚くほど逃げないのです。
tk breeding placeさんが個人で使用していた網をベースに、改良製作して発売しました。
極網Ver1

現在は、「極網」以外でも、水色ネット使用が普通になり、正直、発売当初ほど他社製品と驚くほどの違いはありません><が、より、稚エビがネットに引っかからないように、捕獲ネットの形状や、より水通りの良い素材に変更等、少しでもいい商品をお客様に使用していただきたく、バージョンアップしております。

極網Ver2極網Ver2

全長:約400mm 網の部分:約W60mm×H45mm 柄の部分:約320mm 
手作りのためサイズが若干異なる場合がございます。
極網Ver3-1極網Ver3-2
上画像で確認できるのですが、ネットの三角の奥の部分の縫い目を無くす事で(現バージョンの網は型紙を3枚ではなく特殊形状の2枚にして)、稚エビの挟まり事故を軽減しています。
※柄の後ろについてる木製の玉は本来、網を水槽内に落としたときの浮の役目でしたが、「極網」ご購入者の皆様から、選別中、肩が張ったときのマッサージに使うと非常に良いと好評を得ていますw
極網Ver3-3

標準小売価格1,980円で極シリーズ取扱店様で好評発売中です。

柄の長いバージョンは、海外で一般的に普及してる水槽の高さが日本国内の水槽より高さがあるため、海外限定発売です。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


シュリンプ専用バイオシエルター「極隠家・きわみかくれが」

2010年01月04日
新年早々、商品紹介です。めでたいめでたいです?。

シュリンプ専用バイオシェルター「極隠家・きわみかくれが」

機能性とインテリア性を備えたバイオシェルターです。
国産の土を使い、日本で職人さんが、同じ形状がないよう丹精込めた手作り品です。
水槽の中に入れておくだけで、極隠家に繁殖した原生動物やプランクトンなどの微生物を稚エビが捕食し、元気に育ち、親エビは脱皮直後に共食いされることがありますので脱皮時の隠れ家になります。
また極隠家を組み合わせて使うことで、居住空間が増えることで、よりたくさんのエビが飼育可能です。
素焼きなので、多孔質で水質浄化を行うバクテリアの繁殖コロニーとしても最適です。(水の流れがある場所に設置がお勧めです。)
生物や水質に悪影響を及ぼす物質は一切含んでいません。
極隠家(きわみかくれが)パッケージ状態極隠家(きわみかくれが)
大サイズ:約W14×D9×H5cm程度
中サイズ:約W10×D7×H3cm程度
※手作り品なので個体差(高さがあるもの、横幅があるもの等)があります。予めご了承ください。


「極隠家・きわみかくれが」を発売した経緯は、従来発売されていたシュルンプシェルターが、機能性は納得できる商品もあるったのですが、いかんせん見た目が景観を台無しにするものしか見受けられなく、自分が欲しい物、使いたいものとして発売しました。
目指すは、溶岩石に無数の穴が開いていて、表面がシュリンプの足場になるようにザラザラ、ゴツゴツした物。
職人さんが、希望の形にしてくれました。・・・試作十数度目でw。
が!納得できる、理想の商品は出来ましたが、実際作成するに当たり、とにかく目の届く場所で、確認できる材料で製作=国内生産することでのコスト高が問題でした。希望販売価格が、大サイズ1,980円、中サイズ1,780円は高く思われるかもしれませんが、国産品でこの価格は結構がんばっていると思います・・・自画自賛かもしれませんが><
隠家大 表その1隠家大 表その2隠家大 表その3

良い商品と受け入れられたのでしょう。お陰さまで、「極隠家・きわみかくれが」も、当方の予想を超えすぎた人気を得ています。こういう結果が出たときは、まさに「良いものはお客様にわかっていただけるんだ!」と、開発に苦労した事を洗い流してくれます。これからも、良いものを企画販売しようと思う励みにもなります。
感謝感謝、めでたい!めでたい! まさにお正月に適した話題ですw

「極隠家・きわみかくれが」ですが、裏返すと、そこに窪みがあり、その窪みから穴が無数にあいております。
シュリンプを飼育してると気づかれると思いますが、物の窪みの下に特に集まり(隠れ)ます。
確かに隠れられると鑑賞的にはさびしいですが、飼育生体のストレスを緩和する事も飼育者の勤めと思います。
また、そうすることで、ストレスの感じていない個体は表に出て、ストレスを感じた個体、臆病な個体は隠れることによってストレス緩和(それぞれの個体の成長、繁殖率増大)で、よりシュリンプ育成に幅を持たせる事ができます。
隠家大 裏その1隠家大 裏その2隠家大 裏その3
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


「極シリーズ」のシュリンプ専用添加剤その②

2009年12月30日
「極液(きわみえき)」
極液
「極整調秘液」は強制成長剤で、「極液」は自然な形での成長促進脱皮不全防止効果のある商品です。
2液構成で、A液は黄色で主にビタミンや微量要素、ミネラルを配合しています。B液はフミン酸をベースに必要と思われるものを配合しています。A液、B液に分けたのは、B液が有機酸系なので、A液と混合するのには保存的に無理があり、2液タイプになりました。
飼育水槽内では不足になりがちな、あくまで自然な形での成長に必要とされる成分を配合しています。
多少入れすぎても安全です。極整調秘液は使用量厳守でお願いします。

「極整調秘液(きわみせいちょうひえき)」
極整調秘液
強制成長脱皮促進剤です。面白いだけ脱皮します。><
メーカー推奨の使用方法は、産卵水槽に抱卵した親シュリンプを入れて、産卵したら、親を抜いてからの使用をお勧めします。とにかく効果があるので、使用量は商品の説明ラベルの添加量を守ってください。
甲羅形成に必要なキチン質を吸収できるキチンキトサンをベースに配合しています。
成長強制脱皮促進剤を使うと寿命が気になると思いますが、当方の実験ですと、アダルト個体にするまでは、約2ヶ~3ヶ月(飼育環境で差が出ます)時間短縮で来ますが、その後「極整調秘液」を使用しなければ、そのサイズからの寿命を全うします。

※極整調秘液は効果を尊重した配合になっております。使用量を守っていただける分には安心してご使用になれます。
効果の凄い薬は、毒と紙一重といわれています。また、即効で利くのは毒しかないと言われる方もいます。
強制脱皮剤で、効果が薄いといわれる商品は、安全性重視になっていると思われます。そのほうがメーカーもお客様も安心ですから。
私個人は極整調秘液のベースとなる物を長期使い続けていて(事故無し)、これをベースに開発するか、凄く希釈したもので開発するか迷いましたが、効果とコストパフォーマンス(成分が濃いほうが効果があるので、効果があるならその分割安になる)を考え、使用量を厳守できるなら安心して使用できる、前者で「極整調秘液」を開発発売いたしました。
入れすぎて、シュリンプが暴れた場合、水換えで対処できます。

「極抱卵舞(きわみほうらんのまい)」
極抱卵舞
嘘みたいな、効果のある製品w
添加する事でシュリンプを活性させ、抱卵誘発します。また、土壌改善効果に優れ、古くなったソイルを一時的に活性させます。(通常のソイル崩壊は、ソイルの緩衝作用の減退が主な原因です。極抱卵舞には、緩衝効果を補助できる成分が含まれています。
化学合成物質を一切使わず、自然の原料だけで作られた、オーガニック添加剤ですので、安心してお使いください。

ただ、非常に水槽の水位の部分を汚します。沢山溶けきれない成分が付着します。><
(付着した物はテッシュなどで簡単にふき取れます。)
ブリード専用水槽での使用を推奨いたします。
詳しくは、当ブログ2009年12月18日の記事に記載しております。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

「極シリーズ」のシュリンプ専用添加剤その①

2009年12月29日
今回は、「極シリーズ」のシュリンプ専用添加剤のそれぞれの特性の概要を簡単にご説明します。

「極白(きわみしろ)」極シリーズ第1号商品です。
極白極白瓶入り
シュリンプ専用の色揚剤です。色揚げといっても、強制的に色をあげるのではなく、シュリンプにとって必要なカルシュウムやミネラルを、吸収しやすく配合していますので、直接摂取や間接摂取によって、甲羅を厚くすることにより、個体本来の色を表現します。
上記の理由で「極白」を与えることで、本来必要とされるカルシュウム等を体内に取り入れ、シュリンプ本来の色を取り戻します。色のあがり方は、個体素質によって差は出ます。
「極白」という名前で、しかも色も白いので、強制色揚げ剤に思われやすいですが、ブラックダイヤ、ブラックシャドー等に与えますと黒色が鮮明になります。
※PH調整に使用する場合は、PH値が安定するまで約3日ほど要します。
また、その目的で添加する場合、水槽に添加後、エアレーションをすることにより、より早く数値が上昇しやすくなります。

「極白液(きわみしろえき)」
極白液15cc極白液30cc
極白(粉)と違い水溶液に溶かしているため、極白は水槽に添加したとき、PH変動が安定するまで3日程度要しますが、「極白液」は約1日前後で安定します。水溶液に溶かしていますので、体内への吸収も早く「即効性」とさせていただいております。(成分配合も極白とは異なります。)
即効性を考えたとき、乳酸カルシュウムを加えるか迷いましたが、当方の試験では使用量によっては大変危険だったので、非常に効果はあるのですが(目をみはる即効性)、「極白液」の成分に加えるのをVer1では断念しました。

※乳酸カルシュウムは、シュリンプの吸収効率と効果を考えると、非常に魅力的な成分です。
が、添加量を誤ると、リスクが有り過ぎるという研究実験結果が出てしまったので、現在は指をくわえて添加を我慢しています。
餌等に乳酸カルシュウムを添加してる他メーカーの商品もございますが、あくまで補足程度に添加してるようなので問題ないと思います。添加量を間違えずに補助成分程度なら問題はないです。
もし、乳酸カルシュウムを主成分にしている、白揚げ用添加剤を購入ご使用した場合、十分ご注意の上ご使用ください。
以前、当社の「極シリーズ」とよく似た(そっくり?w)製品名で、当社とよく似た名前の他メーカーから、効果抜群の白揚げ剤が発売されていました。
効果は凄いのですが、購入、使用した方々から、シュリンプが非常に☆になりやすいという話が出ていました。
効果があるということで、当時、噂が出る前に商品を購入して成分を調べたところ・・・乳酸カルシュウムが主成分になっていました。
補助成分で使う分には良いと思うので、効果があって、死亡の絶対ない比率割合調整(効果を発揮したいので、あくまで安全な範囲での限界量)が困難で、当方では現在煮詰め中です。
でも、シュリンプが死ななければ、本当に当方でも直ぐに使用したいくらいの成果があります。

いまも、現行のVer1以上効果のある、Ver2の試作は続いています。(もちろん安全に使用できる製品)

「タイガー・パワーミネラル」
タイガーパワーミネラル
「極白」と違い、水質調整剤(PH調整)に特化した専用配合になっています。
綺麗な発色表現に特に必要不可欠なカルシウム、マグネシウムをベースにミネラルを強化した、タイガーシュリンプ専用水質調整添加剤です。
※PH調整に使用する場合、粉状なのでPH値が安定するまで約3日ほど要します。
また、その目的で添加する場合、水槽に添加後、エアレーションをすることにより、より早く数値が上昇しやすくなります。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。