スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本昔話。様々な水草水槽維持の方向性(死語が沢山出ます)

2009年12月16日
様々な水草水槽維持方法で、今現在の主流は、ソイルを使用した管理方法と、ソイルを使わない亜流の2方法に分けれると書きました。事実ソイルの緩衝作用でどれほど水草育成が楽になったか、計り知れません。

ソイルの短所は、 土の緩衝力に依存してるため、ソイルが(緩衝力)崩壊した時は、すべてが終了します。
俗に言う「ソイルの崩壊」じょうたいです。
定期的なソイル交換と、自由度が少ない(下手に独自の維持手法で、過度の添加剤添加等で、緩衝作用、吸着作用がうまくいかなくなり、ソイル寿命が短くなる=緩衝作用がなくなる)。

今回は、ソイル普及で、今は死語になった言葉が沢山含まれる、10数年前の水草管理維持を紹介します。
ただ、考え方の基本は変わらないですが、神の底床!ソイルが当時は大磯全般の時代で、1年持たないで使い捨てるソイルなんてと、普及していない時代でした。
皆、自分の水槽状況を説明するのに苦労していた時代です。基本だけおさらいの形で掲載します。
最近水草水槽を始めた方には、聞き覚えのない言葉(死語)が沢山出ますが、ご了承ください。

様々な水草水槽維持の方向性(10数年前バージョン)
水草とディスカス
水草水槽を維持管理するだけでも様々な方法が有ります。いくつか代表的な維持スタイルを簡単に紹介します。
簡単にそれぞれの管理法の概要を掻い摘んでの紹介ですので、説明不足な点はご了承下さい。

●ダッチアクアリウム
家具調の大型水槽に水草を幾何学的にバランス良く密殖したレイアウトで水換え頻度を少なくして維持する水槽

●バランストアクアリウム
器具(ヒーター、濾過、エアーポンプ、CO2添加装置他)を使わず生体と水草等で、酸素、二酸化炭素、肥料など自然のバランスのとれた水槽

●ネーチャー アクアリウム、ナチュナル アクアリウム等
器具(ヒーター、濾過、エアーポンプ、CO2添加装置他)を使ってバランスを取り、自然風のレイアウト水槽(現在の主流維持方法だと思います)

●ネーチャーアクアリウム(上記と違い「ネイチャー」と「アクアリウム」の間にスペースが入らない)
天野尚氏の提唱する維持スタイル。ADAの製品を使いADAの提唱する管理方法で維持している水槽

↓参考までに、バランストアクアリウムと同じ意味でとらえられている方もいますので紹介だけします。
●パーフェクトアクアリウム
生体と、水草等をガラス容器に入れて完全密閉し、太陽エネルギーと熱エネルギー以外は外部からの干渉を排除し容器内部が独立した生態系を営む方法
博物館、科学館、水族館などで環境・生体系の研究グループの方々が制作した物が展示されています。が、鑑賞に堪えれるものは、趣味のレベルでは実現は難しいです。

--------------------------------------------------------------------------------
代表的な管理スタイルを上記に簡単に紹介しましたが、飼育生体、水換え頻度、底床の種類、CO2の添加の有無、その他様々な条件で水槽の数だけ維持管理方法が有ります。
が、大きく分けると維持方法は下記の2つに分けることが出来ます。

●オプチマムを目指す維持方法
※オプチマム=最適条件、最適育成件値といった意味です。
水草の生長に関わる各条件(水質、光、栄養その他)を最も水草が生長する値に保とうとする方法で、頻繁な手直し、栄養素や蛍光管の頻繁な添加&交換(各条件について最適値を維持)をし、失敗を回避するための定期的な水換え(栄養素を最適値に維持するために添加しますが、水草に吸収されな栄養素を水槽外に排除する)をするのが望ましい維持方法でデュプラ社やADA等が勧めてる維持管理方法

長所 アクアの経験が無くとも、ADAのカタログ通り1から10まで言うとおりに素直にしたがうと、比較的容易に維持でき、水草の生き生きした生長が見れます。初めて水草水槽を行う方には、失敗も少なくお薦めの方法。

短所 頻繁な手直し(蛍光管交換、栄養素添加、水草がもっとも生長する値に水槽内を保つので、水草の生長が早く、トリミングに追われます)、失敗しないための頻繁な水換え等、自由度が少ない(下手に独自の維持手法をまぜたらうまくいかない場合が多い)。

●下限値を下回らないように維持する方法(モベレーション)
※モデレーション=適正条件、適度・節度と言った意味です。
水草の生長に必要な各条件を、水草育成に必要な最低値を下回らないように注意し、水草の適度な生長を保ちながら維持する方法で、オプチマムスタイルより、手直しの感覚が長くなりますが、どの条件が下限値になっているかは、水槽内をよく観察して経験的に読みとり維持管理する方法。

長所 モデレーションを目指す維持方法を実践すると、失敗する事が多いですが、失敗は成功の元で失敗しながら、様々な情報を得て行く過程が大変勉強になり、経験を積むことで必要な物、不必要なものがわかり、しかも、アクアリュウム専用商品以外の物を流用できるようになりお金もあまりかからず、自由度も高く、自分の管理スタイル(水換え頻度等)に併せることが出来ます。この方法を考えながら行うと、確実にスキルアップします。

短所 とにかく経験が必要です。初心者がこの方法を行う場合は、貴方の管理している水槽を実際に見れる方の指導の元に行わないと非常に難しいと思います。ある程度の情報でHPでの相談で対処可能ですが、必ずしも適切なアドバイスが得られるとは限らず、水換え頻度を抑える維持方法をしている場合は水槽に入れてる、底床、流木、石からでる、「溶けだしてくるもの」にも注意が必要です。とにかく経験がとても重要な維持方法です。


--------------------------------------------------------------------------------
雑誌、書籍、HPでそれぞれ紹介されてる維持管理方法はどれも正しい方法で、その紹介通りに実践すれば大抵は旨く維持できますが、中途半端にその維持方法の基本を無視した、様々な維持方法の良いとこ取りしたら・・・バランスが崩れ恐怖のコケ大魔王がすぐに召還されてきます。何故?バランスを崩すのか?

良く耳にするのが、オプチマム方式に半端にモデレーション方式を取り入れて失敗した話を聞きます。
オプチマムは、乱暴に言い方をすると、水換えでバランス調整しますので、半端にモデレーションを取り入れたらバランスが崩れ、飼育水は栄養過多なので恐怖のコケ大魔王が召還されます
モデレーション方式は、経験は必要だが管理の手間はかなり省けます。

お薦めは、初心者のうちはオプチマム方式で水草水槽を楽しみ、ある程度知識等身につけた
中級者から、モデレーション方式を行ったら無難だと私は思います。

--------------------------------------------------------------------------------

今は昔の話ですw。
緩衝作用のあるソイルの登場で、上記説明があやふやになりましたw。
ただ、現状の主流方法は、オプチマム方式の流れを汲んでいると思います。

基本のおさらいということで、あえて死語続出の文章を掲載しました。
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
スポンサーサイト

水草水槽維持のための水草の栄養添加剤!その③

2009年12月14日
更新するときはまめな更新しますが、毎月最低1回更新を最低目標にして行きますので、お付き合い、ご観覧のほどお願いいたします。メーカーブログですと、日常話題は極力控えたいのでw 

水草水槽維持のための水草の栄養添加剤!その③
固形水草栄養素は 「極肥・元肥(水槽セット時に添加)」と「極肥・追肥(途中追加)」と「極追肥・彩(途中追加)」で固形栄養素添加でのこけの発生がない商品と、小粒で赤系水草発色効果があり、根やけも無い極追肥彩の追加で、現状満足のいくラインナップになりました。

極シリーズでは現在、「極液肥・初期250ml」と「極液肥・後期250ml」の2種類の液体水草栄養素を発売しております。
「極肥・元肥」、「極肥・追肥」、「極追肥・彩」を発売したのもそうですが、私のほしい用途の商品が無かったので、「極液肥・初期250ml」と「極液肥・後期250ml」を発売いたしました。

何がほしかったのかといえば、液体総合水草用栄養素を添加はしたいのですが、窒素と場合によってリンがいらないので、窒素、リンを添加していない液肥です。
が!窒素、リンを添加してない総合水草用液肥は数点市販されていますが、満足のいく商品が・・・。
現在売られてる窒素、リン無添加総合水草用液肥は微量要素(マンガン、マグネシウム、銅、亜鉛、モリブデン、鉄、有機酸等)がカリに溶けてないのです>< キレート化されていない微量要素は植物が非常に吸収しにくいのです><
一番わかりやすいのは、透明な液にさび色のした沈殿物や赤色の成分が容器の下に沈んでいると、それは微量要素がキレート化されていない状態です。

微量要素がキレート化すると、着色していない限り、緑色になります。
その結果、総合水草用液肥は緑色が多いのです。>無着色状態。

極み液肥は全ての微量要素をキレート化済みのため、おりや沈殿物も少なく植物への吸収が非常に良いです。
極液肥後期は初期ロットとは有機酸等の配合種類を変更しました。

最初から、窒素成分、リン成分のない「極液肥・後期」だけ発売したらいいんじゃなかったの?
と思われた方もいらっしゃると思いますが、リン酸は、蓄積過多になるとヒゲコケの原因になると考えていますが、リン酸は植物の成長と発色に欠かせない成分なので、水槽立ち上げ初期や、生体数の少ない傾向のリン酸の蓄積がほとんど無いであろう状態の水槽には是非、最初は極液肥・初期を使用していただきたいと思います。
リン酸の割合は試験結果を見ながら結構控えてあります。

「極液肥・初期250ml」
水槽の育成には、窒素・リン・カリウムの3要素に加え、バランスの良い微量要素が必要です。しかしながら、窒素成分は魚の排泄物からも生じる栄養素のため、水槽内で最初に過剰になってしまう栄養素でもあります。そのため、水槽セット初期時に初めから窒素成分を含む総合液肥を与えることは、窒素過多になるだけでなく、コケ発生の主原因となっています。
極液肥・初期用は、その問題を解決するためために、水槽内で最初に過剰気味になる窒素成分以外の必要な成分をバランスよく配合した水草用総合液肥です。また、微量要素もバランスよく配合しているので、本商品を使うことで、3要素の吸収を補助し、栄養吸収効果も極めて高くなります。

極液肥・初期窒素成分入り総合液肥を使用してコケに悩まされていた方に特におすすめです。
生体数の少ない水槽や、水草の多い水槽、水槽立ち上げ初期にご使用ください。

「極液肥・後期250ml」
水草の育成にとって不可欠な3要素(窒素、リン、カリウム)のうち、窒素とリンは残餌や魚の排泄物からも生じます。そのため、飼育開始から時間の経過した水槽には、窒素・リン成分が過剰に蓄積し、コケの発生の主要因となってしまいます。特に髭ゴケはリンの過多により発生すると考えられています。
一方カリウムは、外部からあまり持ち込まれないため、水槽内で不足しがちな成分になります。
極液肥・後期用は、水槽内で不足しがちなカリウムをベースに作成した水草用栄養液肥です。また、微量要素もバランスよく配合しているので、本商品を使用することで、3要素の吸収を補助し、栄養吸収効果も極めて高くなります。
極液肥・後期
生体数の少ない水槽や、水草の多い水槽、時間の経過している水槽にご使用ください。
コケが発生してしまうという悩みから、栄養剤の添加をためらっている方におすすめです。
極み液肥は全ての微量要素をキレート化済みのため、おりや沈殿物も少なく植物への吸収が非常に良いです。

※微量元素をキレート化したら、「極液肥・前期250ml」と「極液肥・後期250ml」は着色剤不使用なので、ボトルラベルを剥がしたら、見た目の違いがわかりません>< 着色したくないのでこのままで発売しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。よろしければクリックお願いします。

水草水槽維持のための水草の栄養添加剤!その②

2009年12月13日
前回と同じような画像ですが「極細葉アヌビアス」です。
第3種アルコール入り飲料の「極旨」や、サークルKサンクスの「極みの中華まん」等にも妙に反応してしまう私がいます。職業病なのでしょうかw しかも、反応しただけでなく購入してしまいますw
極細葉アヌビアス
極シリーズ」の商品コンセプトは、こだわり極めた商品達 です。
前回の続きになりますが、「「極肥・追肥」は効果的には満足のいくものだったのですが、最後の詰めが今に思うと甘かったかもしれません。
形状とサイズが・・・。ただ、そうやすやすとは、良改良品が出来るはずもなく月日は無常に流れてゆきました。
どうしても、あの粒のサイズでは、満足の行く強度の小型サイズが出来ず悩む日々が続きました。
頭をリセットし、原点からの見直しをし、気がついたらとんでもない商品に仕上がりました。
粒が大きくて小型化が無理なら粒を小さくすればよかっただけですw。
と、簡単に書きましたが、完成するまでの道のりがまた長かったのです。
ただ、どうせ粒を小さくするのなら、もう一度、原点から配合を考え、どうせなら、成分も追加しよう!と。

水草の発色、緑以外の発色をどうにかできないかと。固形水草栄養素でも、赤系水草の発色を鮮やかにしたい。
出来ちゃいましたw
極肥・追肥と極追肥彩(きわみついひいろどり)極追肥彩(きわみついひいろどり)
左画像が、「極肥・追肥」と「極追肥・彩葉(きわみついひ・いろは)」です。
右画像が、「極追肥・彩葉(きわみついひ・いろは」です。
色が黒いのは、へんな着色をしたのではなく、原料にアミノ酸(即効性と植物が光合成を行わなくても根から吸収できる成分です)と鉄分と有機酸(ともに赤系水草の発色に大変効果があります)を追加したための黒色です。
どうせ改良するなら、今考えられる最高のものをと、赤系水草も彩りよく育つので、今回の商品名が付きました。
元肥に関しては、使い勝手、効果に満足のいく仕上がりなので、改良なく現行のままでの販売です。
「極肥・追肥」は、今のサイズでいいという意見も多いので、そのままの販売で、「極追肥・彩(きわみつい・ひいろどり)」と平行販売をしていきます。
「極追肥・彩葉(きわみついひ・いろは)」は、今月末の発売予定です。
極細葉アヌビアス2
その③に続きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

水草水槽維持のための水草の栄養添加剤!その①

2009年12月12日
最新の新着水草「極細葉アヌビアス」が店舗に入荷しました。
前回試験的に数株、日本に入ってきたのですが、今回正式に少数入荷された品種です。
アヌビアス好きの血が騒ぎ、2株入手しましたw
極細葉アヌビアス4
価格等のお問い合わせは店舗 AQUA工房いちなま までお願いします。
極細葉アヌビアス3
龍のひげみたいでとてもかっこいいです。ゴールデンナナ、プチナナ、ノーマルナナと並べてみました。

前回軽く、現在の水草水槽維持に触れましたが、10年ほど前は、「オプチマム維持方法(オプチマム=最適条件、最適育成件値といった意味)」と「モデレーション維持方法(モデレーション=適正条件、適度・節度と言った意味)」で区分され、いかに水草を育成するか議論が交わされていましたが ソイル普及のおかげですごく簡単に維持できるようになりました。

が!それでもいまだに変わらないのが、水草を状態よくする栄養素のせいでのコケの発生問題!
多少の栄養ならソイルが吸着するのですが・・・。

当社では現在、固形の水草栄養素は、水槽セット時に使用する、「極肥・元肥 きわみひ・もとごえ」と途中追加タイプの「極肥・追肥 きわみひ・ついひ」の2種類を発売しています。

「極肥・元肥(水槽セット時に使用)」使用1週間前後から効果が出て尚且つ2~3ヶ月効果が持続し、元肥や追肥が原因での栄養過多によるコケの発生の心配の無い水草用栄養素です。
観葉植物用で元肥にそっくりな肥料があり、よくそちらを利用されてる方も多いのですが、あの商品ですと観葉植物用なので、水槽の中に使用するとデロデロになり栄養素が流出してコケの原因になりやすく、植物が根焼けしやすいです。「極肥・元肥」も形はそっくりですが、解けづらく、根焼けしないように開発された水草用です。
極肥・元肥極肥・元肥 中身

「極肥・追肥 きわみひついひ」は中身を見てお気づきの様に、見た事のある「おこし」の形をしていますw。
同じような商品が先に発売してるのに、「極肥・追肥」を何故?発売したのか!というと、
従来品は総じて効き目が出るのに約4週間から1ヶ月掛かり、裏技としておこしをペンチでつぶして使用して効果を早くしたりしていました。
結果、効き目は早くなるのですがコーティングを破壊するのでコケの原因にもなりました。効果が現れるまで1ヶ月掛かると、手遅れになる場合もあるので、即効性と遅効性を兼ね備えた水草栄養素は発売されていないと思い、ソイルは無論、大磯や砂系の底砂でも養分流出が原因のコケの発生の心配の無い商品を開発製作発売しました。
極肥・追肥極肥・追肥 中身

「極肥・追肥」はただ「極肥・元肥」をおこし状に固めた商品ではないです。企画が出て最初は、納得のいく配合になった元肥をただ固めて見ました・・・が!効果が実感できるまで約1ヶ月掛かりました。
此れでは本末転倒です。此処からが長かったです。水草の根にじかに追肥を埋め込んでも根焼けしないでしかも1週間前後には効果を実感出来、しかも2~3ヶ月効果が持続し、さらに極力養分流失を阻止した商品出なければいけないので、何十タイプの配合試作品を作成しては没にした事か・・・。
で、やっと納得に行く製品に仕上がったのがこの「極肥・追肥」です。

「極肥・元肥」、「極肥・追肥」両商品とも、もちろん生体には安心です。

が!発売して2年。大変好評を得ているのでが、不評も耳にします。
効果自体の不評は聞こえてこないのですが、形とサイズの不評が・・・。
たしかに、当社で、水草の根にじかに追肥を埋め込んでも根焼けしないでしかも1週間前後には効果を実感出来、しかも2~3ヶ月効果が持続した試作品が出来たとき、これで満足してしまったかもしれません。
形はすんなり私が十数年愛用した、使いやすいと思っていた、なんとかフローラが頭に残っていたと思います。
ただ、あの原料サイズで、強度と粘着剤使用で、満足な持続効果を考えるとあのサイズが限界の小ささです。

でも、もっと小さいほうが良い!と言う要望は耳に沢山入ってきて、「極肥・追肥」発売後まもなく、開発に取り掛かりました。
効果は現状維持で、サイズは小さいもの。
で、今回やっと満足のいく追肥が出来ました。
が!気がついたら、根本から煮詰めなおしたので、なんかすごいことになってしまいましたw。
その②に続きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加中です。よろしければクリックお願いします。

様々な水草水槽維持方法

2009年12月09日
水草を植えてある水槽を見てると、心がすごく落ち着きます。心の疲れが癒されます。
皆さんも、水草レイアウト水槽を、自宅、ショップ、雑誌、ネット、友人宅等で見ることがあると思います。

でも、なかなか、理想の水景色が作れない><
レイアウトセンスも大事ですが、それは自分の好みでいいと思います。
問題は、いかに状態良く水草水槽を管理するのか! だと思います。
私は恐怖のコケ大魔王が恐怖です><

これが一番!という管理方法は無いと私は考えてます。
雑誌、書籍、ネットでそれぞれ紹介されてる維持管理方法はどれも正しい方法で、その紹介通りに実践すれば大抵は旨く維持できます。
キューバパールグラスとシュリンプ
飼育生体、水換え頻度、底床の種類、CO2の添加の有無、その他様々な条件で水槽の数だけ維持管理方法が有ります。
が、大きく分けると維持方法は下記の2つに分けることが出来ると思います。

●ソイルを使った維持管理
ソイル(土)の緩衝能力で、常に水質は水草管理に適切な状態になります。
しかも、多少の水草栄養素は吸着してくれるので、ソイルが新しいときは、コケの心配も少ないです。
水草の生長に関わる各条件(水質、光、栄養その他)を最も水草が生長する値に保とうとする事で、頻繁な手直し、栄養素や蛍光管の頻繁な添加&交換(各条件について最適値を維持)をし、失敗を回避するための定期的な水換え(栄養素を最適値に維持するために添加しますが、水草に吸収されな栄養素を水槽外に排除する)をする事で簡単に水草水槽を維持できます。

長所 アクアの経験がすく無くても、比較的容易に維持でき、水草の生き生きした生長が見れます。初めて水草水槽を行う方には、失敗も少なくお薦めの方法。

短所 土の緩衝力に依存してるため、ソイルが(緩衝力)崩壊した時は、すべてが終了します。
俗に言う「ソイルの崩壊」じょうたいです。
定期的なソイル交換と、自由度が少ない(下手に独自の維持手法で、過度の添加剤添加等で、緩衝作用、吸着作用がうまくいかなくなる場合が多い)。

●ソイル以外(大磯やセラミック系の緩衝力の無い底床)を使った維持管理

水草の生長に必要な各条件を、水草育成に必要な最低値を下回らないように注意し、水草の適度な生長を保ちながら維持します。ソイルを使用した環境より、手直しの感覚が長くなりますが、どの条件が下限値になっているかは、水槽内をよく観察して経験的に読みとり維持管理しないといけないです。面倒くさいですw

長所 ソイルを使用しないで、水草育成を実践すると、失敗する事が多いですが、失敗は成功の元で失敗しながら、様々な情報を得て行く過程が大変勉強になり、経験を積むことで必要な物、不必要なものがわかり、しかも、アクアリュウム専用商品以外の物を流用できるようになりお金もあまりかからず、自由度も高く、自分の管理スタイル(水換え頻度等)に併せることが出来ます。この方法を考えながら行うと、確実にスキルアップします。
※挫折しない粘り強さが必要です><

短所 とにかく経験が必要です。経験も無く始めると、僕はどうしてこんなに不幸なんだ!と涙が出る状態になります。
初心者がこの方法を行う場合は、貴方の管理している水槽を実際に見れる方の指導の元に行わないと非常に難しいと思います。ある程度の情報でネットでの相談で対処可能ですが、必ずしも適切なアドバイスが得られるとは限らず、水換え頻度を抑える維持方法をしている場合は水槽に入れてる、底床、流木、石からでる、「溶けだしてくるもの」にも注意が必要です。とにかく経験がとても重要な維持方法です。

良く耳にするのが、ソイル以外の底床維持水槽に、半端にソイル維持方法を取り入れて失敗した話を聞きます。
ソイルは乱暴に言い方をすると、ソイルで飼育環境をすべて調整しますので、多少の肥料分なら、ソイルが吸収してくれるので何とかなりますが、ソイルを使用していない水槽で同じ事をすると大変なことになります。

お薦めは、初心者のうちは、ソイルで水草水槽を楽しみ、ある程度知識等身につけた中級者なら、大海にでて荒波にもまれる、ソイル以外の底床使用に挑戦してみるのも面白いかもしれません。


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加中です。よろしければクリックお願いします。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。