FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q:海水魚やミドリイシの飼育に対して、ミロネクトンの使用効果はあるのか?

2010年02月12日
Q:海水魚やミドリイシの飼育に対して、ミロネクトンの使用効果はあるのでしょうか?
質問の原文は「海水魚やミドリイシの飼育に対して、ミロネクトンの使用効果に関する情報はありますでしょうか?」でしたが、情報(今はネットで情報なら手に入れられますから)はご自分で調べてくださいとしか言いようがないので、あえてニュアンスを変えました。

いちなま的解釈のA:どの程度の使用効果を期待されているかわかりませんが、私が説明できる範囲で・・・。
ミロネクトンは約60種以上のミネラルを保有している、透水性の良い粘土鉱物です。
飼育水へのミネラル添加と透水性(=多孔質)が良いので、その性質を海水でもそのまま発揮します。
クマノミとイソギンチャク
ただ、ハードコーラルを育成している場合は専用のミネラル、カルシュウム他の添加剤を使用されてると思いますので、専用添加剤には効果は及ばないです。
ミロネクトンは補助的な使い方、補助的な効果程度と考えられると良いと思います。

淡水魚飼育の場合は、ミネラル添加は意外と抵抗のあるものだと思います(PHをあげる等で)。正直ミネラル関係は淡水飼育環境では枯渇している場合も多く(換水頻度が低いと特に)、そのためミロネクトンを入れると効果をもろに体感できます。
エンゼルと水草
海水魚飼育の場合は、ミネラルが枯渇(添加剤を入れないせいでの、特定のミネラル枯渇はあるかもしれませんが)するという現象はほぼ起こらないと思いますので、淡水ほど劇的効果を体感できないのはそのためだと思います。

劇的効果を期待しているなら、ミロネクトンよりモンモリロナイトを粉末で使われたほうが良いかもしれません。
モンモリロナイトはイオン交換吸着効果が顕著で、事実、淡水、海水で水質改善効果をあげています。
ナトリュウムモンモリロナイトが即効性が高く、環境保護で実際に使用されて効果を出しています。
赤潮撲滅にも使われております。
ただ、水槽のような閉鎖された狭い環境で、吸水、吸着してゲル状になるモンモリロナイトの粉末を使われる場合は、使用量に注意して、換水を大量にすることを前提でご使用ください。

ミロネクトンは、イオン交換吸着能力がモンモリロナイト程の効果は無いので、環境保護には使われにくいです。
たぶん、質問された方も、「ミロネクトン 海水魚 効果 」等で検索されても、満足な情報を得られなかったと思いますが、上記理由で現状環境保護活動では使用されにくい素材です。

しかし、ミロネクトンは閉鎖された水槽などの環境では、副作用?を考えると、モンモリロナイトより扱いやすい粘土鉱物だと思っています。

質問は受け付けますが、ミロネクトン関係の質問は現在、おなかがいっぱいでございますw

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いします^^
スポンサーサイト
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。