FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは凄いぞ極綿(きわみわた)2!

2009年11月24日
ブログの引越しも一通り終わりそうです。
なんと昨日!旧ブログの忘れてたIDを思い出してしまいました。
後の祭りです。過ぎたことは忘れます><
レッドシャドーペア
で、旧ブログにも無事引越しの案内を書き、NEWブログの外装もなんとかなり、新たな気分でブログ更新!(どこまで息絶えないかは本人もわかりません)
極HPもリンク先になる商品説明、取り扱い店舗様のページを隙を見て作成しています。いま少しお待ちください。

極綿1
極綿2アップ
前回説明した極綿(きわみわた)ですが、
上部式のろ過材の上に敷いたり、投げ込み式、スポンジフィルターに巻いて使用はもちろんですが、サイコロ状に切断してろ過材として使うこともできます。腰があるので切断しても意外と立派なサイコロろ過材になります。
極綿をサイコロ状に切ってみた。
極綿を外部ろ過に入れてみた。

また、ろ過器の吸い込み口ストレーナにタイアップ(電気配線をまとめたりするのに使う製品)で極綿を縛って使う方法もあります。
極綿をストレーナーに巻いてみる。
極綿をストレーナーに巻いてみた。
こうすることで、通常の市販されてるストレーナースポンジより目が細かいので、稚魚や稚エビが吸い込まれる事故を予防出来ます(100%吸い込まないとは言い切れませんが、目が細かい分安心です。)

大ヒットが記憶に新しい、スドーのサテライト(産卵箱)をエアレーション式外掛けフィルターに使うと、エアーリフト式なので、エアーを含んだ水が循環してなかなか良い働きをするろ過器になります。
プラスチック板などで仕切りを入れたりするのは面倒な作業なので、半分ろ過材、真ん中に極綿で壁を作り、のこり半分にろ過材使用でも、凄く水槽の調子がよくなります。なかなか侮れないサブフィルターになります。(エアーリフトは最大にしますので、ぼこぼこ音は気になりますが><)
ブラックダイヤゴールデンアイ♂
話はそれますが、今のような寒い季節はいいのですが春先から秋にかけては、サテライトに生態を入れての使用時には、水槽とサテライトの温度差に気をつけてください。
夏場などは、サテライトのエビの調子が悪いな~と思い(水槽ないのエビは元気)、なぜだろうと原因を探していたら、水槽とサテライトの温度差が3度以上あって驚きました。
原因がわかれば対処法はいろいろ出てきます。エアレーションを強めて循環量を増やすのも手です。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
スポンサーサイト
Comment
ちょ~ご無沙汰してます^^;

何年ぶりだろって感じですね。


引越しってことはどこか違うところでBLOG継続してたんですか???


これからまた毎日更新が続くワケですね~^^


楽しみにしてますよん♪
えびの泉さん、大変ご無沙汰しています。

毎日は無理ですが、無理しないように更新していきますので、これからも宜しくお願いします。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。