FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「餌を考える!その1」

2009年11月25日
「極シリーズ」の餌は現在内容量別商品を無視しますと、極肉・きわみにく(小粒、大粒)、極草きわみくさ(中粒)、極餌源きわみえさみなもと(超大粒)、極餌恵棒きわみえさめぐみぼう、極餌恵きわみえさめぐみ、極餌匠きわみえさたくみ(小粒、中粒)、極練きわみねり、アルジグラス(中粒)、ファィバースティツクの11種類発売しています。
えび団子1

どの商品も、商品名はそのままですが、より良い商品を!と、心がけ常に改良を加えています。
特に、極餌恵棒、ファイバースティツクは、製造依頼メーカーの「防腐剤を使ってない餌を販売するのは無謀!」という意見を説得し(パッキングを真空にする他)納得してもらって防腐剤を一切使用しないで、製造しています。それゆえパック対策を強化しています。開封後はカビ対策のため、封をきちんとしてください。

新しい餌を出さないのですか?とご意見をいただきますが、多種多様に考えて出した餌なので、次から次へと新商品を出すというか、出せる商品がないです。
前記したように、商品名は同じでも常に改良点があれば改良しています。
モスSP・キューバパール&レッドビー

3年前に「極シリーズ」で餌を発売すると決めたとき、私的に色々調べました。餌と言えば「つなぎ」が肝心要です。当然つなぎに対しても色々と調べました。とことん調べもしないで無責任な商品は発売できませんから。
餌は「つなぎ」がないといろいろと不都合がおきます。
※つなぎがないと餌として形を成さないので、崩れやすくバラけやすく、栄養成分が流出することも考えられ、水質悪化にも繋がります。食感も悪くなり、嗜好性にも影響します(与えすぎれば当然どんな優れた餌も残します)。

凄~~~~~~~~~~く、長くなりますので、「餌を考える!その2」に続きます。

脱線ですが、改良点がある商品といえば餌ではないですが、「極肥・追肥(きわみひ・ついひ)はサイズが大きいので、小さくしてくれ!」と沢山のご意見をいただきました。ただ簡単にサイズを小さくすると、粒の大きさやコーティング剤、植物成長効果の現れ方当のバランスを崩すため、約1年の歳月をかけもうすぐ答えを出せそうです。後日「極肥・追肥」を紹介するとき詳しく記載します。

※旧ブログに記載したことを今後、今一度自分で消化して、新規で改定して今後ブログで紹介します。
「旧ブログで同じ様な内容を見た!」と思われることもあると思いますが、旧極ブログは尻切れになり(私の責任ですが><)、きちんとまとめたく思っていますのでご了承ください。
少しの期間を持って、旧極ブログは閉鎖します。今後はこちらの「極 KIWAMIブログ」を宜しくお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。
スポンサーサイト
Comment
えさですか~・・・。

もう星の数ほど(大げさか・・・)ありますよね~。

しかしいちなまさんの日々の努力、脱帽です^^

研究熱心勉強熱心、つめの垢を煎じていただきたい・・・。

このブログで勉強させていただきます!
えびの泉さん、基本種類は変わらないですよ。
近日ボトルタイプ発売予定なので、バリエーションはさらにえらいことになりますが><。
これからそれぞれの餌の使い分けの理由?を説明していきます。
更新をさぼって逃亡してたぶん、商品説明をがんばりますw。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。