FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「極シリーズ」のシュリンプ専用添加剤その①

2009年12月29日
今回は、「極シリーズ」のシュリンプ専用添加剤のそれぞれの特性の概要を簡単にご説明します。

「極白(きわみしろ)」極シリーズ第1号商品です。
極白極白瓶入り
シュリンプ専用の色揚剤です。色揚げといっても、強制的に色をあげるのではなく、シュリンプにとって必要なカルシュウムやミネラルを、吸収しやすく配合していますので、直接摂取や間接摂取によって、甲羅を厚くすることにより、個体本来の色を表現します。
上記の理由で「極白」を与えることで、本来必要とされるカルシュウム等を体内に取り入れ、シュリンプ本来の色を取り戻します。色のあがり方は、個体素質によって差は出ます。
「極白」という名前で、しかも色も白いので、強制色揚げ剤に思われやすいですが、ブラックダイヤ、ブラックシャドー等に与えますと黒色が鮮明になります。
※PH調整に使用する場合は、PH値が安定するまで約3日ほど要します。
また、その目的で添加する場合、水槽に添加後、エアレーションをすることにより、より早く数値が上昇しやすくなります。

「極白液(きわみしろえき)」
極白液15cc極白液30cc
極白(粉)と違い水溶液に溶かしているため、極白は水槽に添加したとき、PH変動が安定するまで3日程度要しますが、「極白液」は約1日前後で安定します。水溶液に溶かしていますので、体内への吸収も早く「即効性」とさせていただいております。(成分配合も極白とは異なります。)
即効性を考えたとき、乳酸カルシュウムを加えるか迷いましたが、当方の試験では使用量によっては大変危険だったので、非常に効果はあるのですが(目をみはる即効性)、「極白液」の成分に加えるのをVer1では断念しました。

※乳酸カルシュウムは、シュリンプの吸収効率と効果を考えると、非常に魅力的な成分です。
が、添加量を誤ると、リスクが有り過ぎるという研究実験結果が出てしまったので、現在は指をくわえて添加を我慢しています。
餌等に乳酸カルシュウムを添加してる他メーカーの商品もございますが、あくまで補足程度に添加してるようなので問題ないと思います。添加量を間違えずに補助成分程度なら問題はないです。
もし、乳酸カルシュウムを主成分にしている、白揚げ用添加剤を購入ご使用した場合、十分ご注意の上ご使用ください。
以前、当社の「極シリーズ」とよく似た(そっくり?w)製品名で、当社とよく似た名前の他メーカーから、効果抜群の白揚げ剤が発売されていました。
効果は凄いのですが、購入、使用した方々から、シュリンプが非常に☆になりやすいという話が出ていました。
効果があるということで、当時、噂が出る前に商品を購入して成分を調べたところ・・・乳酸カルシュウムが主成分になっていました。
補助成分で使う分には良いと思うので、効果があって、死亡の絶対ない比率割合調整(効果を発揮したいので、あくまで安全な範囲での限界量)が困難で、当方では現在煮詰め中です。
でも、シュリンプが死ななければ、本当に当方でも直ぐに使用したいくらいの成果があります。

いまも、現行のVer1以上効果のある、Ver2の試作は続いています。(もちろん安全に使用できる製品)

「タイガー・パワーミネラル」
タイガーパワーミネラル
「極白」と違い、水質調整剤(PH調整)に特化した専用配合になっています。
綺麗な発色表現に特に必要不可欠なカルシウム、マグネシウムをベースにミネラルを強化した、タイガーシュリンプ専用水質調整添加剤です。
※PH調整に使用する場合、粉状なのでPH値が安定するまで約3日ほど要します。
また、その目的で添加する場合、水槽に添加後、エアレーションをすることにより、より早く数値が上昇しやすくなります。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。