スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミロネクトンやモンモリに含まれてるケイ素は珪藻の発生原因になるのか?

2010年02月11日
当ブログに質問がありました。
質問は大歓迎です。私的にこの説明はこの程度で良いだろうと、自己判断で内容をはしょってる部分が多々あるので、わからない、疑問なことは気軽にご質問ください。答えられない質問もあるかもしれませんが><

Q:「ミロネクトンはケイ素が含まれていますが、水槽面につく茶コケ(珪藻)の発生は多くならないでしょうか?」

いちなま的解釈のA:「珪藻発生の要因の一つにはなりえますが、発生原因にはならないと思います」

珪素=ガラス質です。1月13日のブログで説明いたしましたが、ミロネクトンは粒子のサイズが20~30ミクロン(1ミクロンは千分の1ミリ)と微細で、その微粒子の表面には、ナノメーターサイズ(1千万分の1ミリ)の孔がたくさん開いている多孔質という特徴を持っていますが、その要因が珪素です。
極珪藻土を水槽に入れた直後
珪素は珪藻の化石のガラス質なので、確かに珪藻発生の要因の1つにはなりますが、あくまで要因の一つです。
珪藻は窒素等の栄養を必要としますので、珪素だけがあっても、窒素成分などがないと発生は困難です。
モスSP・キューバパール&レッドビー
ろ過バランスの取れた水槽では、珪藻(茶コケ)発生はほとんど目で見ることは出来ない(目視できる前にバクテリアで分解されて)です。
茶コケ発生で悩む水槽は、立ち上げ初期、ディスカス育成、大型魚、金魚飼育水槽がほとんどだと思います。
バクテリアが少ない立ち上げ初期、餌を過剰に入れる水槽はどうしても栄養過多になりやすい=バクテリアが追いつかない状態です。

話はそれますが、標準的なろ過を使用してるのに、茶コケが出ると悩んでる場合は、餌の与えすぎ、水換え比率、ろか材を見直すか、さらに流量の許す範囲でろ過器を見直すなどしたほうが良いと思います。
akabeereiauto1.jpg

栄養過多(窒素成分方)にならないように、水草の栄養には 「極液肥」をお勧めします。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 甲殻類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いします^^
スポンサーサイト
Comment
海水での使用
詳細な説明有り難うございます。

海水魚やミドリイシの飼育に対して、ミロネクトンの使用効果に関する情報はありますでしょうか?
No title
ご質問ありがとうございます。
私的回答は2月12日の部ログに掲載しておきました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。