スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして、極床(きわみどこ)と極床・造形君(きわみどこ・ぞうけいくん)です。

2009年11月20日
「極シリーズ」のコンセプトは「こだわり極めた商品達」です。
あくあ工房いちなまとピクタの2社で共同開発している商品です。

現在、熱帯魚、エビ、水草育成商品等を中心にラインナップしていますが、ビバリウム関連も徐々にではありますが、発売していきます。

この床材の販売するそもそものきっかけは、脱ヤシガラでした。

ピクタでは、5年前からヤシガラマットという商品を販売しています。ヤシガラは吸着脱臭効果と保水性を兼ね備えた床材で、発売以来本当に沢山の方に愛用して頂いています(勿論他社からも多数販売されています)。ヤシガラは大変優れた床材なんですが、一点だけ欠点があります。それは、生体にまとわりつきやすく、特にトカゲ系の動物には、目に入っていまうという点です。勿論、工夫次第では改善できるのですが…。

では、なぜ脱ヤシガラなんでしょうか?

その一番の理由は環境負荷の軽減です。

ヤシガラというのは、ヤシの実繊維を剥いだ時に生じるカスですので、有効利用するという点からは、環境に優しい商品ともいえます。ただ、そのヤシガラをわざわざ遠い国であるスリランカから重油を使って輸入する必要があるのかということです。代替品がなければ、それはやむを得ない場合もあるかもしれませんが、もし国内で同じような性質のものが供給できるのであれば、地産地消でそれにこしたことはないと思うわけです。

※上記理由でピクタ社で販売しているヤシガラは在庫を持って販売終了とさせて頂きます。

今回発売する極床&極床造形君は、国産材を取り扱う製材所で、廃棄物として出る樹皮を特殊処理して製造したものになります。

では、ようやく商品説明です。

まず極床(きわみどこ)
極床

ヤシガラの様なまとわり着きが少なく、ケージに薄く引いて押すと、キッチンペーパーの様に固まります。汚れた部分だけを交換できるので、非常に経済的でもあります。
極床・使用


お次は、極床・造形君(きわみどこ・ぞうけいくん)
極床・造形君

極床をベースにベントナイトなどの粘土鉱物を配合した商品です。
好きな形に造形できて、しかも固まります。
造形君 使用1

壁に塗ってもいいし、コルクボードの隙間埋め、好きな形のシェルターも作れます。
造形君 使用3
造形君 使用2
しかもセメントと違って、水で戻せば何度も使用できます。

※水没使用ができないのは欠点ですが…。

植物の栽培にも大変すぐれています。コケなどを植えれば、簡単に活着してくれます。
※好評発売中の極肥・元肥を練りこみますと植物の成長が見違えます。

こんな感じで、立てかけても崩れません。
造形君 使用4

極床、極床造形君ともに非常に評判が良く、近日中に全国販売致します。
興味をもたれましたら、是非よろしくお願致します。
※文責 ピクタ

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村
ランキングに参加していますので、クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。