FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは凄いぞ!極綿(きわみわた)

2009年11月23日
「これは!自信作!」と、胸を張って極シリーズの様々な商品を発売しています。
が!w 「これは凄く良いけど、良い商品と良く売れる商品は違うから・・・」という思いで発売した商品が、予想に反して売れてるパターンがいくつもあります。
凄く売れると思った商品が今一で、そんなに売れないだろ~なという商品が思わぬヒットになるのは、まさに世の常。

そんなうれしい誤算の商品の一つが「極綿(きわみわた)」です。
極綿(きわみわた)見た感じ、ただのウールマットです。しかも標準販売価格が980円です。
※通常のウールマットと、極端に価格が違うのは、商品製造にコストが凄くかかってます。

ろ過装置はいろいろなタイプの物があります。
(上部、外部、外掛け、投げ込み、スポンジフィルター、底面等)

手軽なろ過で、投げ込み式、スポンジフィルターがあります。
投げ込みは水作エイトに代表されるように、使い方次第では大変効率の良いろ過です。
しかし、メンテナンスが面倒なのが玉に傷です。

スカスカになったスポンジフィルタースポンジフィルターは、メンテナンス面がいいのですが、スポンジ素材が劣化したときの交換タイミングが非常にわかりづらいです。スポンジは加水分解する宿命がある為、長期にわたって使用すると素材そのものが劣化し、バクテリアの増殖に不適な環境が出来てしまう欠点があります。

ウールはそのスポンジに比べ、素材そのものによる劣化がおき難く、ろ過面積も非常に広い優れたもので、唯一の欠点は腰の弱さ=長期使用が難しいという欠点でした。
丈夫で有名な他社製品、使用半年後
※腰があると評判のD社製ウールマット、半年使用中の画像
各社が様々な商品をだしていますが、どの商品も満足のいく使用期間が得られないように感じます。

極綿使用1年経過
※極綿、1年使用中の画像
極綿はその欠点をぎりぎりまで克服しました。

非常に腰が強く12ヶ月程度使用可能(洗浄状態で使用期間が長短します)
サイズも、約長さ110×幅12×厚み2センチあり、様々な使い方ができます。
熱帯魚、大型魚、金魚の他にも、水生亀他の飼育にも向いてます。

極綿に興味をもたれましたら、こちらのhttp://www.picuta.com/care/woolfilter.htm「極綿考察」←ここをクリック!に凄く詳しく詳細を掲載しております。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。